090-8194-7717

ブログ

2018/10/01(月)

【橿原で夜中のこむら返りの痛みで苦しんでいるあなたへ】橿原 腰痛 香芝 ヘルニア 葛城 脊柱管狭窄症 奈良

カテゴリー:こむら返り

 

from上田勝也

橿原で腰痛でお困りの方へ、葛城市にある唯一の慢性腰痛専門鍼灸整体院 大和

就寝中に突然のふくらはぎへの強い痛みに襲われてたまらず飛び起きてしまう。痛みが引くまでは辛く不安ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

1、こむら返りって何?どんな状態?

“こむら”とはふくらはぎのことを言います。「こむら返り」とはふくらはぎの筋肉(腓腹筋)が痙攣を起こし強い痛みのある状態のことをいいます。

いわゆる“足がつる”というのもこのことを言います。

ふくらはぎ以外にも、足の指、足の裏、太もも、腹筋なども同様の症状が起こることがあります。専門的にはどこに起こることも「有痛性筋けいれん」と呼んでいます。

こむら返りの痙攣は、筋肉の収縮と弛緩を繰り返すのではなく、収縮が持続的に続くのが特徴です。持続時間は通常、数秒間から長くても数分間程度です。

 

2、こむら返りが起こりやすいのはどんな時?どんな人?

こむら帰りは、いつでも誰でも起こることがあると言えますが、一般に就寝中や運動中によく起こり、高齢になる程起こる頻度が上がります。また、妊娠中の女性にも起こりやすいとされています。

○運動中

激しい運動によって何度も繰り返し同じ筋肉を収縮させていると、神経が過敏になったり、筋肉の感受性が高まってこむら返りを起こすのではないかと考えられています。また急に運動を始めることや、発汗によって脱水が起こり水分や電解質の代謝のバランスが崩れるのではないかとも言われています。

 

○就寝中

眠っている間によく起こることがありますよね。専門的な呼び方をすると、「夜間有痛性筋痙攣」と言います。明らかな原因は特定できないことが多いです。寝ている間は同じ姿勢になっていることが多いため、長時間同じような緊張が同じ筋肉にかかりがちになります。

 

掛け布団の重みでつま先が伸ばされた姿勢が続くとふくらはぎの筋肉の収縮が続くこともこむら返りが起こる一因ではないかと考えます。

 

○妊娠中

妊娠後期の女性に起こりやすいと言われています。水分や電解質の代謝のバランスの変化が関連すると言われています。ただはっきりした理由は分かっていません。

 

○高齢者

疫学的な数字を出すことは難しいですが、年齢が高くなるにつれこむら返りが起こりやすくなると言われています。高齢者は、脊柱管狭窄症など腰椎の変化があって神経が圧迫されたり、持病の治療で日常的に薬を服用することが増え、その副作用が原因の一つとも考えられます。

2、こむら返りはなぜ起こるのか?

こむら返りがどうして起こるのか、詳しいことは明らかになっていません。通常私たちは体を動かすときは、筋肉を“収縮させろ”という信号が脳から脊髄を通って末梢神経に伝わり筋肉が動きます。

例えば、体内の水分不足や、ナトリウム・カリウムの電解質のバランスが崩れると、筋肉が収縮しやすくなります。またふくらはぎの筋肉が収縮するような姿勢を取ることがきっかけになるなど様々な理由が考えられます。

ただ“ほとんどの場合心配はいりません”

こむら返りはほとんどの場合、生理的に起こるものであまり心配する必要はありません。

しかし、頻度は少ないものの服用している薬の影響があったりします。

 

3、こむら返りが起こったらどうすればいい?

 

○食事と水分

食事については、特別な予防法はありません。自分の体調に合わせてバランスよく適量をとってください。

水分摂取に関しては、脱水がこむら返りの誘因になりますので、日頃から水分や塩分不足が起こらないように適切な量摂取することが大切です。

 

○薬による対応

薬による理療もあります。漢方薬の“芍薬甘草湯”が処方されることが多いです。即効性があるので症状が出た時に飲むと良いです。

 

○ストレッチ

こむら返りが起きたときは、過剰に筋肉が収縮しているので筋肉を伸ばすことが大切です。こむら返りが起きても落ち着いて対処してください。

そして“ふくらはぎのストレッチ”を行なってください。

就寝中にこむら返りが起こりやすい人は寝る前にストレッチを行ってから寝るようにしてみてください。

ふくらはぎでは、腓腹筋とその下にあるヒラメ筋が一緒になって、アキレス腱に繋がっています。これらが固くなって縮み短くなることで、ふくらはぎの筋肉が伸びず、こむら返りが起こりやすくなります。

 

http://urx3.nu/LC23

🌟痛みで悩まれている方への社会貢献を目指す治療院

鍼灸整体院 大和

ご質問、ご相談ありましたら下からお問い合わせください。

https://line.me/R/ti/p/%40ziv8216d

 

 

腰痛

ヘルニア

分離症

ギックリ腰

座骨神経痛

脊柱管狭窄症

での、どうすることもできない痛みをあきらめないでください。

当院の施術であなたの腰痛が根本的に解消するかもしれません。

奈良で特に  「葛城  橿原  御所  大和高田  香芝  広陵  桜井」で腰痛にお困りの方に沢山来ていただいております。

奈良 葛城市で唯一の慢性腰痛専門鍼灸整体院 大和 ホームページ

http://harisei-yamato.com/

 

 

 

11月30日(金)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

【受付時間】()

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間はまでですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。