090-8194-7717

ブログ

2018/09/15(土)

【橿原・香芝で画像では原因が判断できない腰痛でお困りならこの治療院へ】

カテゴリー:腰痛

 

from上田勝也

橿原・香芝で腰痛でお困りの方へ、葛城市にある慢性腰痛専門鍼灸整体院 大和

 

 

 

 

 

 

 

整形外科でレントゲンを撮っても原因がわからない。画像には何も写らない腰痛がすごくたくさんあります。

この場合の腰痛は関節や筋肉などが関係しています。

1、画像では判断できない腰痛とは

○椎間関節の異常

椎間関節とは、椎骨の後ろ側にある関節のことです。この椎間関節に負担がかかると炎症が起こり、軟骨がすり減ってしまいます。そして、腰痛や太ももの痛み、脚の痺れなどが起こります。

「背中を反らせると椎間関節が圧迫されるため、痛みが強まる」のが特徴です。

○仙腸関節の異常

仙腸関節とは、骨盤の仙骨と腸骨の間にある関節のことです。歩行時の衝撃を吸収する役目を果たしています。

この仙腸関節に炎症が起こったり、軟骨がすり減ったりすると痛みが起こります。

腰の下のあたりが痛む場合は、仙腸関節の異常による腰痛の可能性があります。痛みのせいで長時間椅子に座ってられなくなることもあります。

○筋力の低下

高齢になると、背中の筋肉(脊柱起立筋やその奥にある多裂筋)が弱くなります。そのため背中や腰に負担がかかり腰痛を起こすことがあります。

うつ伏せで寝た状態から体を後ろに反らすことができなければ、こちらの筋肉が弱くなっている可能性があります。

○心理的要因

人間の脳には、痛みを和らげる仕組みが備わっています。しかし、日常生活でのストレスが大きいと痛みを和らげる仕組みがうまく働かず、腰痛などの慢性的な痛みを感じやすくなってしまいます。

2、画像では映らない腰痛の治療法

こう言った画像では原因が見つからないような腰痛が8割を占めると国や医師会も発表しています。こう言った痛みに対しては整体、マッサージやはり治療がとても有効です。

ただ痛みの原因は必ずしも痛い場所には原因がないと言うことです。

むしろ痛みの原因は大半他の場所に原因があることが多いです。ですから的確に原因を発見してくれるところで治療されることをお勧めします。

 

http://urx3.nu/LC23

🌟痛みで悩まれている方への社会貢献を目指す治療院

鍼灸整体院 大和

ご質問、ご相談ありましたら下からお問い合わせください。

https://line.me/R/ti/p/%40ziv8216d

 

腰痛

ヘルニア

分離症

ギックリ腰

座骨神経痛

脊柱管狭窄症

での、どうすることもできない痛みをあきらめないでください。

当院の施術であなたの腰痛が根本的に解消するかもしれません。

奈良で特に  「葛城  橿原  御所  大和高田  香芝  広陵  桜井」で腰痛にお困りの方に沢山来ていただいております。

奈良 葛城市で唯一の慢性腰痛専門鍼灸整体院 大和 ホームページ

http://harisei-yamato.com/

 

 

 

11月30日(金)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

【受付時間】()

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間はまでですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。