090-8194-7717

ブログ

2018/09/06(木)

【あなたの腰痛の改善の決め手知りたくないですか?】橿原 腰痛 葛城 ヘルニア 香芝 脊柱管狭窄症

カテゴリー:未分類, 腰痛

 

from上田勝也

橿原・香芝で腰痛で悩んでいる方へ、葛城市の慢性腰痛専門鍼灸整体院 大和

 

 

 

 

 

 

 

腰痛の多くは命に関わるような心配するような病気ではないですが、まれに重大な病気が隠れていることもあります。あなたはどういったタイプで痛みが出ている腰痛でしょうか?!

1、腰痛には画像診断出来るものとできないものがある

腰痛には命に関わるような病気が原因の場合も稀にありますが、ほとんどの場合はそういった心配のない痛みがほとんどです。

腰痛のタイプを調べるために画像検査が行われますが、全ての腰痛が画像検査で診断出来るわけだはありません。腰痛には画像診断出来るものとできないタイプのものがあります。

2、画像診断ができる腰痛

※「がん」や「化膿性脊髄炎」が原因となるものです。

がんなど命に関わるような病気が原因で腰痛の痛みとなっていることがあります。

がん

腰痛を引き起こすがんには、「骨のがん」、「がんの骨転移」、「すい臓がん」、「大腸がん」などがあります。

画像検査が行われ、整形外科の診断で、すい臓がんや大腸がんを疑われた場合は内臓の検査が必要となってきます。一般的には整形外科医から専門の病院へ紹介され詳しく調べることになります。

化膿性脊髄炎

脊椎が細菌感染を起こして化膿する化膿性脊椎炎という病気も腰痛を引き起こします。

進行すると、血液中に最近が入り込んで増殖し、敗血症を発症することがあります。敗血症を発症すると命に関わる危険性があります。

がんや化膿性脊椎炎が腰痛である場合、安静にしていても痛みが続くのが特徴です。

椎間板ヘルニア

特に20~40歳代の若い世代に多く見られるのが、椎間板ヘルニアによる腰痛です。椎骨と椎骨の間には椎間板という軟骨があり、椎骨同士がぶつかるのを防ぐクッションの役目をしています。

この椎間板にヒビが入り、椎間板の内部にある髄核というゼリー状の組織が飛び出して神経が飛び出して神経を圧迫し、炎症が起こるのが椎間板ヘルニアです。腰痛とともにお尻から脚にかけて痺れや痛みが起こります。

椎間板ヘルニアの検査は仰向けに寝てもらい、両足を伸ばした状態から、片方の脚をゆっくり上げていきます。痛みや痺れが現れたら椎間板ヘルニアが疑われます。「前屈みの姿勢を取った時に腰痛や脚の痺れが強くなる」ようなことがあるのも特徴です。

腰部脊柱管狭窄症

多くは40代後半から発症し、高齢になる程起こりやすくなるのが腰部脊柱管狭窄症です。脊柱管が変形して狭くなり、その中を通る神経が圧迫されるために腰痛、お尻から脚にかけてのしびれや痛みなどが起こります。

脊柱管狭窄の代表的な症状には、少し歩くと脚に痺れや痛みが出て歩けなくなり、しばらく休むと歩けるようになる「間歇性跛行」があります。

前屈みの姿勢になると症状が軽くなり、「体を反らす」と痺れや痛みが強くなるのが特徴です。

圧迫骨折

骨粗鬆症などが原因で椎骨が潰れ、変形し圧迫骨折が怒っている場合も腰痛や、お尻や脚にかけての痺れがでることがあります。

終板の障害

椎骨と椎間板が接している部分の軟骨を終盤と言います。終板には神経や血管が多く通っています。この終板に細菌感染や炎症によってアルブミンという物質が溜まるなどして浮腫が生じると、神経を圧迫して腰痛が起こります。「前屈みの姿勢だと腰痛が起こりますが、お尻から脚にかけてのしびれや痛み」は起こらないのが特徴です。

3、適切な治療が必要

このように腰痛と言ってもいくつもの種類、痛みに対しての原因があります。明らかに命に関わる場合での腰痛は速やかに適切な治療を受けるべきです。

ですが、

例えばランダムに100名の方をピックアップしてレントゲンを撮れば、8割の方がヘルニアと言われてしまいます。

ではヘルニアで腰痛の症状が出ている人と出ていない抛人の違いはなんでしょうか?!

それは体の歪みや、ほかの筋肉による圧迫で痛みが起こっていないだけなのです。

痛みと言うのは必ずしも痛いところや、画像で見えたところに原因があるわけではありません。

原因は意外なところから来ていることが多いのです。ですから痛みが撮れないからと言って諦めないでください。

 

http://urx3.nu/LC23

🌟痛みで悩まれている方への社会貢献を目指す治療院

鍼灸整体院 大和

ご質問、ご相談ありましたら下からお問い合わせください。

https://line.me/R/ti/p/%40ziv8216d

 

腰痛

ヘルニア

分離症

ギックリ腰

座骨神経痛

脊柱管狭窄症

での、どうすることもできない痛みをあきらめないでください。

当院の施術であなたの腰痛が根本的に解消するかもしれません。

奈良で特に  葛城  橿原  御所  大和高田  香芝  広陵  桜井」で腰痛にお困りの方に沢山来ていただいております。

奈良 葛城市で唯一の慢性腰痛専門鍼灸整体院 大和 ホームページ

http://harisei-yamato.com/

 

 

 

11月30日(金)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

【受付時間】()

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間はまでですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。