090-8194-7717

ブログ

2018/04/18(水)

【骨盤が歪むといけないわけ】

カテゴリー:疾患別

 

骨盤は体の中心に位置します。骨盤が上下・前後・左右歪んでしまうと足のつま先から頭のてっぺんまで大きな狂いになります。

 

例えば家を建てようとした時、大黒柱を立てるのに1度狂った状態で家の柱を立てた時1m先,2m先,3m先、先へ進めば進むだけ狂いが大きくなっていきますよね。

 

人間の体も同じことが言えるのです。

 

それは、全身の老廃物を体の外へ出すこと。

骨の歪みのない。捻れのない体に保つこと。

筋肉が硬ければ血流が悪い証拠なんでストレッチをするなどをして
体の改善をしなければいけません。

体が捻れているということは筋肉が捻れていることはもちろん、
背骨(脊椎)から出る神経や血管が圧迫されてしまっているとも言えます。

例えば、血管はホースみたいなものなので圧迫されている部分があれば
流れが悪くなるわけですよね。

必要なだけの血流が各臓器に流れないということは、
血流に乗って行くはずの栄養素が足りなくなることを言います。

必要なものが届かないと、体はこれはまずいことが起きたぞ。
と判断してしまい、体にとって大切な命に関わってしまう器官を優先してしまいます。

なので子宮や卵巣といった臓器は後回しにされてしまうのです。
こんなことが毎日続いてしまうと正常なしっかりと仕事をしてくれる卵子ができにくくなってしまうのです。

こういった現象を防ぐためにも日々の体のメンテナンスやケアは大変重要になってきます。

まずはご自身の体の状態をしっかり知っていただければと思います。

 

 

 

11月30日(金)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

【受付時間】()

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間はまでですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。